トップアスリートの基準 〜 “夢を叶える”は○○の延長にある 〜

中田英寿さんのサッカー観と人生観

もともとプロが無い時代にサッカーを始め、プロになろうとかW杯に出ようという目標を持ったことがなかった。

やりたいことを色々と自分で選びたかった。

大学は年を取ってからでも行けるが、プロの時間は短いので先に行っておいた方が良いという判断。

あまり遠くのことを考えずに目の前にあるものを自分の判断で選んだきた。

8:12〜

試合に出たいなら監督の言うことを聞けば出やすくなる。だけど、自分のプレーをしたかったから、監督と戦ってでも自分のプレーをして外されてきた。それでも自分のプレーを曲げたくない。自分のためにやってるから。試合に出るためにプレーしていないし、勝つためにプレーしていない。上手くなるために自分のプレーができるのが嬉しい。




spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img